美容効果抜群のケミカルピーリング

美容効果抜群のケミカルピーリング

現代女性は乾燥や紫外線、ストレスなどによって肌のターンオーバーが長くなりがちです。トラブルとなりましてしまいましたとしてましてしまったのは、非医療機関での高濃度の薬剤の使用による皮膚の炎症等が挙げられます。このターンオーバーの乱れにより、肌の表面に古臭い角質が残っていると、毛穴の汚れ、くすみ、ざらつき、ニキビなどの原因となってくるでしょう。そこで厚生労働省は、2000年11月よりケミカルピーリングを医療行為と指定しました。古臭い角質を剥離して、更皮膚を表面に押し上げるケミカルピーリングは、肌のハリや美白などに絶大な美容効果が期待できますが、ここまではトラブルも多かったため、治療を受けるのに抵抗があるという方もいらっしゃるかもです。ケミカルピーリングは、シミやそばかす、小じわなど、お悩みの部分に酸を含まれる薬剤を塗布して、古色蒼然角質を除去する治療です。ケミカルピーリングは、グリコール酸、乳酸、サリチル酸とかいという、一種の酸を皮膚に塗布することによって、皮膚表面の以前角質を剥離(ピール)し、肌の新陳代謝を高めるという治療法です。。

トップへ戻る